仙台 司法書士 久保徳高 く・ぶろぐ~ blog & HomePage


呟きさんのblogのとおり、同じような・・・



Posted in 日記;diary by kubox on the 6月 3rd, 2011

●形容できない
3.11(午後2時46分)、あの大地震はすごかった。

私は自身の事務所(仙台)にいました。築37年目のビル9階です。激震5分近くどうしようもなかった。NZクライストチャーチのビル倒壊の報道が脳裏に浮かびました。このビルも崩れるのだろう・・・と。

●余震で、死ぬところでした
そして、4.7夜11時33分まもなく深い眠りにつくところでした。お酒と安定剤を飲んでいました。頭部・胸部が倒壊家具の真下でした。すんでのところで、子ども部屋に子どもの名を叫び、飛んでいきました。

入眠していたら、間違いなく死んでいた。この6月3日にしてなおトラウマに悩んでいます。
仕事柄、毎日お客様の大震災後のお話を伺っています。そのせいか自分の精神的ダメージから抜け出せません。

●灯籠流し
弾みなのか、宿命なのか、大震災・大津波で永逝なさった方の御霊のための灯籠流しの実行委員長になってしました。

●生きていて、永逝された方もいらして
お互い生きていて、親族も生きていて、ただ永逝された方のことを思うと心はいたたまれません。胸も張り裂けそうです。自身の人生も不幸・不運だ実感していますが、どうしようもない切なさです。

とくに、子ども好きの小生は、子どもが永逝された報道・伝聞などには、目頭が熱くなります。

●呟きサンのblog
呟きサンは、よくぞしたためられる。あの日のことを書くことは、えらい。
彼に引きずられて、ここまで書けました。

呟き尾形の雑記帳の読後・・・
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-78f6.html?cid=63432834#comments

20110603fri

呟きさんのblogのとおり、同じような・・・ はコメントを受け付けていません。