仙台 司法書士 久保徳高 く・ぶろぐ~ blog & HomePage


自身の内なる宿敵~恐怖の不眠症. [6.29.mon.’09]



Posted in 日記;diary by kubox on the 6月 30th, 2009

◎◎◎ 自己の内なる、最後の敵.
私にとって、現在の年齢にして、残る内なる宿敵・仇敵は、「不眠症」です。
子どもの頃からの、慢性です。 超特大の慢性です。

あとは、これといった病気はありません
多少の体調不良・気質の波はあります。
たまに、怪我・故障・炎症・抑うつ・落ち込みなどは、通常人並みにあります。

男の更年期・加齢による不調などもありましたが、ほとんど克服しています。
100%ではないとしても、7-8割、いや8-9割方、大丈夫です。

『この年齢にして、自身あり』 です。

◎◎◎ 物心ついた頃から・・・
しかし、子どもの頃から起因した症状で、「不眠症」だけは、いまだに悪戦苦闘しています。
睡眠の難題で、現在も苦悶しています。

昨年以来、診療・治療・施術してくださっているM医師にゆだねても、一時的には改善が見られます。
しかし、完治していません。

原因は、子どもの頃からの実父と実母による『虐待』です。
いまだに彼らを赦す気持ちにはなれません。

腺病質・神経質(慢性神経症)の泥沼でした。
何度も、自殺未遂・希死念慮・死への逃避願望がありました。

◎◎◎ 生きながらえてきたことが不思議.
よくぞここまで生きてきたと、自分でも感心します。 奇跡的です。

サルトルが言った~「この世に生まされてきたこと、それ自体を憎悪してこの世を去っていく」
この言葉に共感を覚えます。

『生きていくことは、原初的・基本的に苦しいことだ』 という悲観論が、私の根底にあります。

あらゆる手立てを講じてきました。
ですが、「不眠症」だけは、一見治ったようなときもありましたが、確実にぶり返してきます。

100冊~200冊の不眠症の本は、読みました。
不眠症治療法と称せられるものは、多種・多様・多彩・多岐にわたって、ほとんど体験しました。
みんな、ダメ!

◎◎◎ 逃避するならアルコールか、睡眠薬.
全治を目指す根本的治療がないのです。
20歳前後から30歳代半ばまで、アルコールで泥酔して眠っていました。
アルコールによって、いわゆる、「昏睡に近い状態」にして眠る。

精神科・神経科・心療内科にもかかりました。
処方されるのは睡眠薬と精神安定剤です。

ベンザリン、ハルシオン、サイレース、レンドルミン、マイスリー、アモバン、デパス、メイラックス、レキソタン etc.
あとは、飲まされた睡眠薬(眠剤)の名前も分かりません。

◎◎◎ 最後の頼りは、M医師.
今かかりつけの医師は、ここ1年間で、体質改善・気質変革を実現させてくださいました。
いわば、『最後の砦』です。

完治・全治しなくても、軽快化が可能であればいいのです。
快癒までは、高望みしません。

しかし、「不眠症」の苦悶は、もうここで幕を降ろしたいのです。
「不眠症」のオカゲで、勉強初め、小生のいろんな計画実現・実行予定が、狂ってしまいます。

十分な睡眠がないと、仕事;ビジネスにも差し障りがあります。

◎◎◎ 私の最後の命運は、「不眠症」克服
私も、人生のファイナルカーテンに向って、生涯最後の勝負にでます。
生活の正常なバイオリズムが鍵です。
交感神経と副交感神経のバランスです。

スポーツをした日の夜の寝つきは、逆に体力がついて、肉体がカッカッして眠れません。

私のこれからの人生最後の20年を、左右しそうです。
浮沈・興廃・存亡・勝敗・・・・これらの可否・能否がかかっています。
決して、過言ではありません。

今夜は、スムーズに入眠できるかな?
小生にとっては、訳の分からない、国民を愚弄しつづける総理大臣の去就より、個人的には大問題なのです。

090629mon.

自身の内なる宿敵~恐怖の不眠症. [6.29.mon.’09] はコメントを受け付けていません。

愚痴三昧~at random [6.27.sun.]



Posted in 日記;diary by kubox on the 6月 28th, 2009

昨晩、息子(大学生)が私に「話がある」というので、聴いてやることにしました。
彼は、夜7時から9時過ぎまで社会人バドミントンに行っていました。

帰ってきてからの話でした。
最初は、「10分で済む」ということなので、気軽に応じたのが間違いの元でした。

結局、11時頃までかかってしまいました。
90分以上かな?

彼にとっては、切実な問題なのでしょう。
大学の友人には話せない悩み事、彼の体調のこと、大学の単位取得・卒業のこと、就活のこと、職業選択のこと、お小遣いのこと、彼の母親(私の前妻)のこと、その他モロモロについて・・・・。

私としては、ただ一言です。 『疲れる~っ!』
家族との話なので、仕事の相談とは勝手が違います。
仕事での相談事なら慣れているのです。

ところが、家族ということになると、血がつながっています。
下手をすると、大喧嘩に発展しかねません。
一触即発です。
まさに、爆弾をかかえながら話しているような具合です。

最近、不眠症がまたひどくなってきたせいもあり、話合いの後もなかなか寝つけませんでした。
DVD映画を観たり、テレビを観たり、音楽を聴いたり、パソコンでニュースを見たりと、ひどい神経症状でした。
寝付いたのは2時過ぎでした。
ついには、眠剤を飲んで眠りましたが、翌日(日曜日)まで調子が悪い。

ホントに、疲労困憊します。
愚痴しか出ません。

090628sun.

愚痴三昧~at random [6.27.sun.] はコメントを受け付けていません。

スカッシュ、ラケットボール、そしてスロージョギング.[6.27.sat]



Posted in 日記;diary by kubox on the 6月 28th, 2009

我が家の毎週の慣例です。
スポーツクラブに、家族3人へ出かけました。
大学生の息子(先妻)は、自己スケジュールです。 参加しません。

キッツ(Kitz)スポーツクラブです。 キッツは、経営主体が、㈱北沢バルブです。
以前は、25年間にわたってキリンビールの子会社による経営でした。
2年前から、会社の経営譲渡により、変わったのです。

ラケットボールのコートが1面だけになってしまったことだけが、残念です。
それ以外は、ゴルフの室内練習場、エステ、マッサージ、空手(松涛館;協会派;山内師範)、などなど、種目の幅が広がりました。

配偶者は、エステティックを喜んで、時々利用しています。
子どもは、スィミング・スクールです。

小生が、相変わらず、スカッシュラケットボールです。

p6270050.JPG p6270048.JPG p6270059.JPG ※スタッフのヨシミツくんとアジマくん。

最近は、NHKの「ためしてガッテン」の影響で、このところスロージョギングを欠かせません。
もう、5回ほど実践しました。 それぞれ30分ほどです。
時速4-5キロメートルのゆったりしたスピードで走ります。
このクラブでは、テレビ画面を観ながら走ることができます。

p6270026.JPG p6270023.JPG p6270022.JPG この日は、ラケットボールは、スタッフのダイジくん(23歳)とプレイしました。
彼は、だんだん腕前を上げてきています。
ナイスショットが多くなったのです。
彼は、このクラブに勤務する前は、高校時代から野球に打ち込んでいたそうです。
私は、ラケットボールはサウスポー(左手・左腕)で練習しています。

スカッシュは、お嬢さんとご子息ら、3人でいらっしゃるキクチさん(40歳代)と打っていただきました。
お嬢さんと息子さんは、それぞれ中学生・小学生ですが、スカッシュは私より上級者です。
p6270042.JPG p6270029.JPG p6270041.JPG

初めにストレッチをして、おしまいにスロージョギングを30分します。

スカッシュとラケットボールを各15分ずつプレイしているので、ちょうど良い運動量です。

『 ラケットボールのコートが、クローズ(閉鎖)される』 と聞いていたので、バドミントンの準備をしています。
町内会のバド(小学校の体育館)か、息子(大学生)の社会人バドか、いずれかで再開します。
それまでは、スポーツクラブでバドミントンの基本練習を行なっています。

『いつまで、身体が言うことをきいてくれるものか?』
我が身が、動けなくなるまで、年齢に合わせてチャレンジしていきます。

おそらく、死神が迎えに来るまで続けるでしょう。

090628sun.

スカッシュ、ラケットボール、そしてスロージョギング.[6.27.sat] はコメントを受け付けていません。

ダニエル・クレイブ;007「慰めの報酬」 [6.27.sat.]



Posted in 日記;diary by kubox on the 6月 27th, 2009

昨日、amazonから、“007;慰めの報酬” が届きました。
観る前から、心が躍ります。

007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]ダニエル・クレイブは、6代目のジェームズ・ボンドです。 初代、ショーン・コネリーは別格ですが、彼に比肩するほどハマリ役のD.クレイブです。

p6270001.JPG p6270002.JPG p6270003.JPG

今夜は、ひどい不眠症なので、眠くなるまで観ます。
おそらく、途中で夢の中に入るでしょうが・・・。

感想は、全編を見終ったら、記載します。

p6270005.JPG p6270004.JPG p6270006.JPG

090627sat.

ダニエル・クレイブ;007「慰めの報酬」 [6.27.sat.] はコメントを受け付けていません。

酷暑30℃の夕、空手で大汗.[6.26.fri.’09]



Posted in 日記;diary by kubox on the 6月 26th, 2009

今日の午後3時が、仙台市は気温30℃だったようです。
この夏、最高気温かな?
暑かった。 

さらに、今週は、飲み会・会合・会議が多い日々でした。
疲れが抜けない。
夕方、かかりつけの医師のところに行って、診察と漢方薬の処方をいただきました。
ただの疲れ~とりわけ、ストレス的疲れが抜けきっていなかっただけでした。

医院に寄ってから、早めに帰宅しました。

p6260015_01.JPG p6260014_01.JPG 

子どもと一緒に空手の稽古に出かけました。

和道会 けやき塾 の稽古日です。
師範は、熊谷次郎6段です。
ストレッチ、基本稽古、組み手、形です。

p6260011_01.JPG p6260007_01.JPG

組み手の稽古は、オーストリー人女性コンラドさんが相手でした。
形は、「チントウ」を息子に教えてもらいました。
いい汗。 大量の水分補給。 それと同等か、それ以上の大汗でした。

暑いときは、メイッパイ身体を動かし、汗を流すのが私の体験的健康法です。
夕方も、まだ28度くらいあったようです。

p6260013_01.JPG p6260012_01.JPG

今夕は、空手で汗グッショリです。
明日は明日で、スポーツクラブです。
スカッシュとラケットボールをプレイする予定です。

さらにここ5回行なっている、スロージョギングも実行するつもりです。
スロージョギングは、毎日はムリでも、2日に1回はできるよう努めます。

090626fri.

酷暑30℃の夕、空手で大汗.[6.26.fri.’09] はコメントを受け付けていません。
次ページへ »