仙台 司法書士 久保徳高 く・ぶろぐ~ blog & HomePage


JLF;日弁連法務研究財団 11年目に・・・。[4.29.wed.’09]



Posted in 日記;diary by kubox on the 4月 29th, 2009

(財)日弁連法務研究財団が昨年(2008年4月)10周年を迎えました。
各種の貴重なイベントが多々開催されました。
これで、11年目になるのです。

かつて40年前、70年安保と大学紛争の嵐の中で、司法試験に合格できなかった落武者としては、羨ましいかぎりです。
しかし、1人の司法書士としても同慶の至りです。

p4290002.JPG p4290001.JPG p4290004.JPG

やはり、人生最後のチャレンジとリヴェンジとして、新司法試験緒戦のため、法科大学院に行かないことには、この世に生を与えられた意義・価値がありません。

新堂幸司先生(東京大学名誉教授・民事訴訟法)が、主導なさって来ました。
ただ、日弁連、法務省、最高裁事務総局までとは言えないとはいえ、それらに比肩するほどの日本の内外の高い評価と影響力を有されています。すごいものです。

小生も、ここ10年近く(8-9年かな)会員として末席を怪我させていただいております。
光栄なことです。

今後も、新堂先生初め、日弁連法務研究財団;JLF(Japan Law Foundation) の大躍進と大活躍を記念しています。

p4290006.JPG p4290003.JPG

ただし、苦言を2つ。
一つは、新堂幸司先生の「新民事訴訟法」 のテキストは、厚すぎることと難解なことです。難解なのは、私個人にとってですが・・・。

二つのは、法科大学院のLSAT;適性試験の『推論・分析・数理』の試験が、ほとんど意味が分かりません。
「法曹育成とは、まったく関係ない」というのが、巷間の意見です。
すくなくとも私の身近かな方方(かたがた)のご意見です。
弁護士数名、ロースクール在学生の方、受験生の方々etc
このLSAT;適性試験の『推論・分析・数理』を、どうにかならないものでしょうか? 頭が痛い。 
この分野は、法律学の基本知性・素養とはまったく無関係な試験内容です。

でも、『ぶっつけ本番!』です。 小生は、がんばって1ケ月半しかありませんが、死に物狂いになってみせます。

私は本来、新堂幸司さんの大ファンなのです。

090429wed.

JLF;日弁連法務研究財団 11年目に・・・。[4.29.wed.’09] はコメントを受け付けていません。

本日の昼食。[4.27.mon.]



Posted in 日記;diary by kubox on the 4月 28th, 2009

休み明けの月曜日です。土曜日・日曜日の疲れが残っています。
いわゆる「月曜病」かな?

昨晩は、夜遅くまで、子どもに頼まれたビデオのDVDへのダビングを懸命にやったのですが、失敗でした。
テレビからの録画ですが、ダビング防止シグナルがついていたようです。
真夜中、子どものためにと思ってがんばった親心は、天にもDVDにも通じなかったようです。

翌朝、妻に話したところ、「なんだ、早く言ってくれればよかったのに・・・」
だって、妻は熟睡している真夜中です。言えるわけないでしょう。

「そういう場合は、DVD化できないんだよ」と、あっさりしたものです。
子どもにも言い聞かせていました。子どもは、単純に納得です。
真夜中の苦労は何だったんだろう!?

月曜日なので、電話・来客・メールなどで忙しく、オフィスの外には出れませんでした。
書類の山に埋もれて、窒息死しそうです。

唯一、用事があって出かけて、ぶじ対処終了でした。
その後、オフィスの戻る途中、近くに生協;COOPがあったので昼食を購入です。

p4240018.JPG p4240016.JPG p4240019.JPG p4240020.JPG

390円、うどんとホタテごはんのパックです。
オフィスに戻って、軽く済ませ、夕方早めに帰宅です。

夜には町内の体育振興協会の会合があったのですが、午前中から担当役員に連絡がとれず、欠席となりました。

一昨日の土曜日・日曜日からの、ゴールデンウィーク開始です。
さて、『どのように仕事をし、休息し、家族サービスし、また自分自身の予定をこなすか?』、思案のしどころです。

090427mon.

本日の昼食。[4.27.mon.] はコメントを受け付けていません。

週間の習慣~スポーツクラブ.[4.26.sun.]



Posted in エッセイ&コラム;essay & column by kubox on the 4月 26th, 2009

毎週1回はヤル!
毎週の習慣化しています。 生活の重要な一部です。
先週も、先々週も、当然ながら今週も、スポーツクラブで自分の肉体確認です。
発汗(新陳代謝)と筋骨の調整程度ですが、欠かすことができません。

このスポーツクラブは、26年前に開館しました。開館時に、入会しています。

p4180026.JPG p4180022.JPG p4180028.JPG

スポーツクラブは、生活の一部。
その前は仙台に戻ってからは、クラークハッチ&チャックウィルソンクラブ(フランチャイズ)、その前が荒巻水の森トレイニングクラブでした。

大学時代は、東京神田美土代町のYMCAスポーツクラブでした。

途中、バドミントン(社会人)、空手道(長田賢一教室・大道塾)、サッカー、剣道なども少々たしなみました。

一番続いているのが、このキッツ・スポーツクラブ(旧 キリンスポーツクラブ)です。
内実は、スカッシュとラケットボールです。<
br />
上級者ではないのですが、中級者くらいで楽しんでいます。
年齢を考慮すると、「それでいいのだ」と、自身に言い聞かせています。
これ以上は、ムリです。

本日は、家族3人でSCに行きました。大学生の息子は、バドミントン(社会人)クラブに行ったようです。

p4180009.JPG p4180013.JPG

空手道も、ちょっとだけ復帰予定。
下の子どもと一緒に、月2回くらいは空手道(和道会 けやき塾)でも汗を流そうと企図しています。
子どもが、「お父さん、一緒に行ってくれ」とせがむこととが理由の一つです。さらに、空手の師範が、私の参加を強烈に誘ってくださいます。

バドミントンもまた、再開か?
また、上の息子とバドミントンを月2回ほどはやりたいと意欲しています。

バドは、現スポーツクラブのラケットボールコートが1面のみに減らされたので、クラブに行ってもできないことがあります。
それを補うために、30年ぶりに、バドミントンに復帰する狙いです。
すでに“ラケットショップ広瀬”から、バドのラケットを2本購入して準備中です。

RBコートは、かつて6面もあったのです。 しかし、利用者の減少と経営者の交代で縮小されてしまいました。
RBが、シングルよりも、ダブルス中心になったことも、利用者減の大きな原因になったようです。
プレイヤーが4人集まる必要があるダブルスと、2人でできることでは、かなりの差がでます。

p4260022.JPG p4260015.JPG p4260004.JPG

ただ、バドミントンも、シングルスからダブルス中心へ、さらにトリプルス(3人 vs 3人)も始められました。
面白い現象です。

私の自宅近くの小学校でも、校舎が全面改築されたことを機に、町内会のバドミントン部(仙台市体育振興協会)が再開されるとのことです。

p2270010.JPG p2270012.JPG 071115-badm-yonex-003.jpg

目指すは、生涯スポーツ?
もともと子どもの頃から、体が弱かったのです。そのことへの、コンプレックスの補償行為でしょう。

また、いま一つ重大な理由があります。
昨年5月8日から、M医師のもとに診察と治療に通い、およそ1年が経ちました。
年齢や、怪我・傷害・故障などによる肉体上のトラブルが、ほとんど改善されました。

そこで、年齢に合わせて、体を動かし汗をかいてみます。
M医師の体質改善と治癒効果の実証です。

何歳まで、できるものか?』やってみます。
もちろん、怪我・傷害・故障などのない程度に、です。
ただし、身体;からだがガタガタになることが、目に見えるようです。

071115-badm-yonex-005.jpg 071115-badm-yonex-011.jpg 071115-badm-yonex-010.jpg

090426sun.

週間の習慣~スポーツクラブ.[4.26.sun.] はコメントを受け付けていません。

みちのく桜花会.[4.24.fri.2009]



Posted in 日記;diary by kubox on the 4月 26th, 2009

平成21年度 “みちのく桜花会”総会・防衛講話・懇談会に出席しました。

第1部の定時総会は、どこも同じです。
会長挨拶から始まります。事業報告、会計報告・監査報告の報告議案があります。
新年度の事業計画案・予算案の審議議案と続きます。
さらに、役員改選、その他となります。

p4240027.JPG p4240035.JPG ※総会と防衛講話の様子。

面白くなるのは、それらの次からです。

第2部「防衛講話」は、旧 鳴瀬町出身の高橋幕僚副長(陸将補)のお話です。
硬いないようにならず、ご自身の経歴・体験を披瀝なさいながら、50分の講話でした。
氏は、アメリカは当然ながら、イギリス・ドイツ・フランス・オーストリー・韓国・タイ・オーストラリアを、防衛任務のため訪問なされたそうです。

なお、事務局長の福田さんが、仕事で山梨に配属なさっておられましたが、今般、仙台勤務に戻られました。
心強い限りです。

p4240040.JPG p4240071.JPG p4240080.JPG p4240083.JPG p4240063.JPG第3部「懇談会」は、軽く飲食しながらの親交の場です。

かつて30年ほど前、花巻市で知り合った本木さんとの2度目の再会がありました。
知人の小松弁護士との歓談。スコットランド協会でご一緒させていただいた引地功侃(よしなお)医師(泌尿器科)とのタメになる会話。大学の大先輩神永さんや、高校同窓の守屋さんとの懇談。松本女史との法的相談・・・etc,
多くの方々が集いました。楽しいヒトトキです。

自衛隊東北方面総監部からも、お歴々が参加してくださいました。
宗像総監・山本幕僚長・高橋幕僚副長・新任の若月幕僚副長・総務部長・広報室長、その他多数の自衛官にもご参加いただきました。

ソマリア、アフガン、北、領土・領海問題、数え切れないほどの国民的な国際課題です。
故郷と祖国と家族・友人知己、そして平和を守るため、国民と自衛隊は有効にして友好な協調・協力関係をたかめていきたいと念願しています。

こういう会合が、もっと気さくに、数多く開催されていくことを期待しています。

090426sun.

みちのく桜花会.[4.24.fri.2009] はコメントを受け付けていません。

過労には、点滴を![4.23.thu.2009]



Posted in 日記;diary by kubox on the 4月 25th, 2009

p4230001.JPG  ◆ 多忙・・・。 この日は、朝から多忙でした。
そのうえ、午前11時からややこしい裁判が入っていました。
相手方(被告)は、相続人の方々で11人いらっしゃいます。
何名かの方とは電話がきて、穏便に和解の話が進んでいます。

仙台簡易裁判所の第1回口頭弁論においでになったのは、被告11人中3人です。
この裁判の訴訟提起のための書類は、11人分ですので、山のような文書量でした

3人中1人の方は、穏便な「和解」のためおいでくださりました。
うち2人のかたは、ご兄弟です。
こちらの請求を争うというより、「自分たちの意向を入れて、和解したい」ということのようでした。
裁判官の勧めで、司法委員とともに別室で和解のための話合いをいたしました。

原告であるこちらは、原告本人はおいでにならないで、そのビルの管理会社の担当者が傍聴するかたちでおいでくださいました。

結局は、次回期日に延期~もう一度口頭弁論を開くということになりました。
およそ1ケ月後です。

裁判は、正午過ぎまでかかり、次回期日が決まりました。
そこで、裁判所の1階で被告の3人と当方2人と5人で善後策について意見交換をしを、次回まで解決をはかる方向で別れました。

午後は、当職事務所があるマンションの大規模修繕のための契約と打合せです。
小生が、マンションの理事長なのです。
建設会社、地上波デジタルアンテナ会社、ガス会社、水道会社などと、署名押印および打合せが終了。

本職の司法書士の業務で、何件か来客に対応、書類作成、スタッフとの打合せ、電話・メール・ファクスなどなどが続きました。
そこで、かなりの疲労感を覚えたのです。

こういうときは、親しいかかりつけの医師のもとに診察・治療に行くことにしています。

◆ 疲れは、医師にゆだねる。

p4230014.JPG p4230009.JPG p4230008.JPG ※点滴の様子。

医院に5時近くにうかがい、敬愛・信頼している医師と歓談・雑談しながら診察・治療をでした。
その後、点滴と投薬をいただきました。

点滴は、およそ30分です。
ビタミン中心の点滴液でした。
ゆっくり休んで点滴をして、さあまた元気100%です。

優しく美しいナース(看護婦)に、ゆったりとお世話いただき、忙中閑あり。
心身ともに快復の時間でした。

医師とナースに感謝です。

p4230004.JPG p4230011.JPG p4230015.JPG ※ナースに頼んで、点滴中の写真を撮ってもらいました。V‐サインです。

090423thu.

過労には、点滴を![4.23.thu.2009] はコメントを受け付けていません。
次ページへ »